▲ PAGE TOP

エアコンより電気代が高い?! 熱効率の良いオトクなヒーターとは?

ヒーターの種類と特徴まとめ

そろそろヒーターが欲しくなる季節になってきました。
一口にヒーターと言っても、色々な種類がありますが、そもそもヒーターって、ストーブと何が違うのでしょう?
「heater」で英和辞典を引くと「ヒーター、発熱器、電熱器、 暖房装置」と出てきます。
一方「stove」で英和辞典を引くと「1(暖房用)ストーブ 2(料理用)コンロ、レンジ」とのこと。
つまり、燃料を「燃やし」て暖めるストーブ(燃焼系暖房機器)に対し、 ヒーターは、「発熱器」の文字通り、熱源が直接表面に出ることなく電気で間接的に暖める暖房機器(非燃焼系暖房器具)を指すようです。 (今は電気ストーブといったら電気ヒーターのことで、線引きは曖昧ですが、元々はそんな意味だったのですね)
燃焼させないため、室内の空気が汚れにくいので、換気があまりできない場所でも使える、炎が出ないので安全性が高いことが特長で、 小さいお子さんや高齢者がいるご家庭におすすめです。
弱点としては、エアコンより消費電力が高い割に、暖房能力が低めで電気代が高くなってしまうという点があります。
しかし、全ての場所にエアコンが付けられる訳ではないので、用途によって賢く使い分ければ寒い冬も快適に過ごせます。 今回はヒーターの種類や特徴についてまとめました。

暖房特集

セラミックヒーターとは

セラミックヒーター

すぐ暖かくなるが、部屋全体を暖めるには不向き。狭い場所をすぐに暖めたい時に。

セラミックというと、陶磁器・セメント・ガラスなどが上げられますが、 セラミックヒーターってどんな仕組みで暖めるのでしょう? セラミックヒーターは、電気を特殊加工されたセラミックに通し、その際のセラミックの発熱で空気を暖めます。 一般に、ファンがついているものが多く、加湿器や空気清浄機などの付加機能も充実しています。
非燃焼系暖房器具なので、空気が汚れにくく、換気の回数は燃焼系暖房機器に比べて少なくてOK。 火災などになりにくい暖房機器です。
スイッチを入れるとすぐに暖かくなりますが、暖房能力は弱く、広い部屋全体を暖めるのには向かないため、 トイレや脱衣所などにおすすめです。
機器の価格はお手頃ですが、消費電力は大きめで電気代が高くなる傾向にあります。

セラミックヒーター おすすめ商品 »


カーボンヒーターとは

カーボンヒーター

スポット暖房として最適。遠赤外線で暖かく、電気代も抑え目

カーボンヒーターは炭素繊維に電気を流して暖める暖房機器です。 暖房能力としては低いため、部屋全体ではなくスポット暖房としての用途が向いています。 主に遠赤外線を放射するので、体の芯まで暖まりやすく、冷え症の方などにおすすめです。
この植物性炭素繊維の赤外線放射量は、ハロゲンヒーターの約2倍なので、 同じ温度にするまでに、カーボンヒーターはハロゲンヒーターの約1/2の電気代で済みます。 できるだけ電気代を抑えてヒーターを使いたい方にもおすすめです。また、機器のお値段もお手頃です。

グラファイトヒーターとは

発熱体がカーボンの中でも、黒鉛を発熱体としている物をグラファイトヒーターと言います。
カーボンヒーターよりも立ち上がりが早く、赤外線の照射量も更に多いのですが、その分お値段も高めです。

カーボンヒーター おすすめ商品 »


シーズヒーターとは

シーズヒーター

カーボンヒーターより高い遠赤外線放射と、破損しにくい発熱体。機器のお値段は高め。

シーズヒーターは、ニクロム線を絶縁体で包んで、金属管で覆ったものを発熱体にしています。
用途は、カーボンヒーターと同じく、スポット暖房としてですが、 遠赤外線放射量がカーボンヒーターより高く、発熱体が破損しにくい、と機能が上回ります。
発熱体を覆うものとして、石英菅は割れる事がありますが、 比べて、シーズヒーターは金属管なので、破損が大幅に少なくなります。
また、シーズヒーターは「コアヒート」「メタルヒート」「セラムヒート」「ステンレスヒーター」など、 この金属管にコーティングしているものの違いによって、各社独自の商品名がついています。 機器のお値段はカーボンヒーターより高めです。

シーズヒーター おすすめ商品 »


ハロゲンヒーターとは

ハロゲンヒーター

すぐ暖かい。ハロゲンランプを使ったスポット暖房。耐久性が低め。

ハロゲンヒーターは、ハロゲンランプを発熱体とする暖房機器です。
部屋全体に対する暖房能力は低く、ハロゲンランプから放射される赤外線輻射熱を直接当てて暖めます。 速暖性があり、機器の価格は手ごろです。
短所としては、エネルギー効率がカーボンヒーターより劣るため、電気代がかさむ点や、 ハロゲンランプの耐久性が比較的短い点、ランプなので眩しい点などがあります。

ハロゲンヒーター おすすめ商品 »


オイルヒーターとは

オイルヒーター

空気を全く汚さず、部屋全体をゆっくり暖めます。静かで、火傷の心配も低い。電気代が非常に高いのが難点。

オイルヒーターは、難燃性のオイルを電気で温め、そのオイルを放熱板の中で循環させ、 輻射熱で部屋全体を暖めます。
機器を暖めるまで30分ほどかかる物もあり、速暖性には欠けますが、 空気を全く汚さないため換気の必要もなく、ファンが無く風も起こさないので、 ハウスダスト等のアレルギーの方にもオススメです。 また、高温にならないので、火災や火傷のリスクが低く、音も静かなので、 赤ちゃんやお年寄りの居るご家庭にもおすすめの暖房機器です。
短所としては、熱効率が悪く部屋が暖まるまで時間がかかるため、電気代がとても高くなるという点です。

オイルヒーター おすすめ商品 »


パネルヒーターとは

パネルヒーター

省スペースで場所を選ばず設置できる。パネルからの輻射熱がやさしく暖めます。脱衣所やトイレに。

パネルヒーターはパネルからの輻射熱で暖める暖房機器です。電気の他に、ガス等のパネルヒーターもあります。 オイルヒーターとの違いは、オイルを温めて熱を増幅させるオイルヒーターに対し、パネルヒーターは電熱線が熱を発するので、 暖まるのが早く、重さも軽いです。
その他の特長は、空気を汚さないこと、風が出ないこと等があります。 また、火災や火傷のリスクが低くコンパクトなので、狭い場所などでも置き場所を選びません。
短所は、局所的な暖房なので、部屋全体の温度を上げるのは難しい事、機器の価格が高めであることです。

パネルヒーター おすすめ商品 »