寒冷地仕様のエアコン、ズバ暖霧ヶ峰

ズバ暖霧ヶ峰

ズバ暖霧ヶ峰とは、三菱電機が発売するエアコン(三菱電機ではルームエアコンと呼びます)「霧ヶ峰」のシリーズのひとつで、寒冷地での暖房使用に重点を置いた寒冷地仕様のエアコンのことです。

ズバ暖霧ヶ峰は寒冷地エアコンの元祖と呼べるもので、2007年にシリーズ第1弾が発売されました。
ズバ暖霧ヶ峰の特長としては、
1.外気温-15℃でも標準定格暖房能力をキープして暖かさが続きます。
 (※最大能力 ピーク時)
2.外気温-15℃でも、最高60℃温風吹出しで寒さに負けません。
 (※ズバ暖霧ヶ峰の各機種によって異なります。詳しくは各商品ページをご確認ください)
3.室外機に凍結防止ヒーターを標準搭載しているため、ドレン水凍結による能力低下や運転停止を抑えます。
があります。

通常のエアコンでは、上記のような性能はないため、寒冷地での暖房使用に弱く、止まってしまったり運転できない状態となってしまいます。
これら寒い地域ならではの機能を搭載したものが、ズバ暖霧ヶ峰と通常のエアコンとの違いです。

もちろん壁掛けのズバ暖霧ヶ峰には「ムーブアイ」も搭載しています。
外気温-15℃まで対応している寒冷地専用モデルだから、北海道、東北、北陸、甲信越、寒いところなら日本全国どこでも使えます。

ズバ暖霧ヶ峰

▲ PAGE TOP