省エネ性能

省エネ性能とは、省エネルギー能力の特性を大きさで表したもののことです。
「省エネ性能が高い」、「省エネ性能が低い」というように使用します。

省エネ性能は定量化された指標で表し、表示形式には、財団法人省エネルギーセンターが提供する「省エネルギーラベル」や「統一省エネルギーラベル」があります。

省エネ性能はトップランナー方式で向上に努めている

省エネ性能

省エネ性能とは、省エネルギー能力の特性を大きさで表したもののことです。

省エネ性能には、省エネ法(エネルギー使用の合理化等に関する法律)により、省エネルギー性能の向上を促すための目標基準を満たすことを事業者に対して求める「トップランナー制度」というものがあります。
トップランナー制度とは、エネルギー消費効率基準の策定方法のことで、省エネ法で指定する特定機器(エアコン、冷蔵庫、炊飯器など)の省エネルギー基準を、それぞれの製品において、基準設定時に商品化されている製品のうち「最も省エネ性能が優れている機器(トップランナー)」の性能以上に設定する制度のことです。
省エネ性能にトップランナー制度を導入することで、省エネ性能の目標基準を満たすためには、現状において最も優れた省エネ性能を持つ製品を超える必要があるため、より高水準な製品を作ることが出来ます。

また、一般財団法人省エネルギーセンターが家電製品の省エネ性能を分かりやすく表示することを目的とした「省エネラベル(省エネルギーラベル)」、「統一省エネラベル(統一省エネルギーラベル)」というラベルを提供しています。
省エネ性マーク、省エネ基準達成率、通年エネルギー消費効率(APF)と目標年度、5つの星による多段階評価などの項目が表示されています。

なお、一般財団法人省エネルギーセンターは年に1回、省エネ性に優れた製品・ビジネスモデルを表彰・授与する省エネ大賞を開催しています。

省エネ性能

▲ PAGE TOP