省エネ大賞

省エネ大賞とは、省エネ性(省エネルギー性)に優れた製品・ビジネスモデルに対し、表彰・授与される各賞の総称です。一般財団法人省エネルギーセンターが主催し、経済産業省が後援しています。
エアコン、洗濯機、冷蔵庫などの家庭用製品や企業用の自動販売機や空調機などが受賞しています。

省エネ大賞の最高賞は経済産業大臣賞

省エネ大賞

省エネ大賞とは、一般財団法人省エネルギーセンターが主催し、経済産業省が後援している各賞の総称です。
1990年から始まり、2010年までの20年間に渡り実施していましたが、2010年度の「公益法人の事業仕分け」によって廃止されました。
その後、2012年には省エネ大賞を再開することが決定され、2012年以降、毎年実施されています。
省エネ大賞には、最高賞である経済産業大臣賞をはじめ、資源エネルギー庁長官賞、中小企業庁長官賞、省エネルギーセンター会長賞、審査委員会特別賞があります。

過去の省エネ大賞に受賞したエアコンは下記となります。


■2016年(平成28年度)
経済産業大臣賞
家庭用ルームエアコン「ダブル温度・同時吹き分け気流システム搭載 WXシリーズ」(パナソニック)


■2015年(平成27年度)
経済産業大臣賞
家庭用エアコン「霧ヶ峰 FZシリーズ」、「霧ヶ峰 FZVシリーズ」 (三菱電機)

省エネルギーセンター会長賞
家庭用ルームエアコン「エコナビ搭載エアコン WXシリーズ」(パナソニック)


■2014年(平成26年度)
経済産業大臣賞
ルームエアコン「ステンレス・クリーン白くまくん」(日立)

省エネルギーセンター会長賞
家庭用エアコン「霧ヶ峰 Zシリーズ」(三菱電機)


■2013年(平成25年度)
省エネルギーセンター会長賞
家庭用エアコン「霧ヶ峰 Zシリーズ」(三菱電機)

省エネ大賞

▲ PAGE TOP