熱交換器

熱交換器とは、温度の高い流体から温度の低い流体へ熱を移動させる機器のことです。エアコンの場合は、室内機と室外機どちらにも入っている部品で、熱交換器によって、部屋の空気から「熱」を外に追い出し、部屋を涼しくしています。熱交換器は効率的に熱を移動させることで、加熱や冷却を行っています。

エアコンの熱交換器の仕組み・原理

熱交換器

エアコンには室内機と室外機の両方に熱交換器と呼ばれる部品が入っています。熱交換器は、温度の高い流体から温度の低い流体へ熱を移動させる機器です。
室内機と室外機をつなぐパイプの中には「冷媒」と呼ばれる空気中の熱を運ぶことのできる物質が、ぐるぐると巡っており、この冷媒が、部屋の中の熱を乗せて室外機内の熱交換器へ運びます。熱交換器では、冷媒に乗った熱を降ろす役割があり、熱がなくなり冷やされた空気が再びパイプを伝い室内機へ運ばれ、冷えた空気が部屋に吐き出されます。これが熱交換器による冷房の仕組みです。
暖房の場合も同様に、外の空気にある熱を、冷媒に乗せて室内機の熱交換器へ運びます。熱交換器では、冷媒に乗った熱を降ろし、部屋に吐き出すことで暖房となります。

このように、熱を移動させることが出来る冷媒は、電車のような役割で室内機と室外機の熱交換器を行き来します。熱交換器は電車の駅のような役割で、冷媒に熱を乗せたり降ろしたりすることで、熱の移動を行っています。

熱交換器

▲ PAGE TOP