▲ PAGE TOP

PM2.5対応の空気清浄機とエアコン!家庭でもできるおすすめ対策



PM2.5とは?

大気汚染物質PM2.5

PM2.5の正体は、工場、自動車の排ガスなどに起因する 直径2.5μm(マイクロ・メートル)以下の粒子状物質です。 1マイクロは100万分の1になり、 髪の毛の太さの約1/30、花粉は、30μmで約12/1と非常に小さいため、人体に入り易く、人への悪影響があるとされていて 最近「PM2.5対策」、「PM2.5対応」といった形で、ニュースや雑誌で多く話題になり、一般家庭においても、その関心の高さがうかがえます。 中でも、この汚染物質PM2.5に関する健康への影響が懸念されていて、 人の呼吸器系に沈着して、ぜんそくや気管支炎を引き起こすと言われています。 この汚染物質PM2.5は、2013年10月にWHO世界保健機関の専門組織が 発がん性を認めたことで話題となりました。 近年、中国で大気汚染が深刻化していることから、日本でも、福岡県や佐賀県、熊本県などの九州各地や広島県、山口県などの西日本を中心に、やや高い濃度のPM2.5が観測されております。最近では、東京、千葉などでも測定態勢を強化し、 測定値速報情報などを出して警戒を強めています。一般財団法人日本気象協会では、天気総合ポータルサイト: http://tenki.jp『PM2.5分布予測』など、PM2.5に関する情報提供し、特に家庭内に子供や高齢者、呼吸器系などに疾患のある人がいらっしゃる場合は、PM2.5の情報に注意して対応してほしいと伝えています。


家庭でもできるおすすめPM2.5対応方法

PM2.5を全て防ぐことは、なかなか難しいです。家庭で出来る対応方法は限られてしまいますが軽減できる対応をとって、家庭ではなるべく体内に吸入しないような対応をしてリスクを減らすことが大切です。

●外出の際は、マスクの着用が吸入リスク低減に有効になります。

しかし、ご家庭に普段置いてあるような、お掃除の際や、風邪予防にする簡易マスクではダメです。ちゃんとPM2.5対応マスクでないと非常に小さいPM2.5は防げません。N95規格や厚生労働省が定めた規格の防じんマスク、PM2.5対応マスクを選びましょう。

●衣服もこまめに洗濯しましょう。

外出をすれば、当然PM2.5が衣服に付着します。今のところはこまめに洗濯をすることが最善とされています。ただ、せっかく洗った洗濯物を汚染した屋外に干しては意味がありません。 PM2.5対策をするには工夫が必要です。空気清浄機を使いながら、室内用の干し竿を使ったり、乾燥機能付きの洗濯機を利用するなど、方法は限られますが旨く工夫してみましょう。 また、頻繁に使う洗濯機は、最新の節約タイプの洗濯機がオススメです。室内のお掃除もしないよりは、した方がよいです。
⇒ 洗濯機のカテゴリを見る

●布団などを干した後にはHEPAフィルターのついた掃除機がPM2.5対応に有効。

基本、PM2.5が多いときは洗濯物や布団を外に干すことは控えて、それでも、布団などを干した後には、HEPAフィルター搭載の掃除機で対応を。 ダニやダニの死骸、ホコリにももちろん有効です。最近では、レイコップのような、高性能なフィルター搭載の布団専用の掃除機も 花粉やPM2.5対策のアイテムとして人気が出ています。
⇒ 掃除機のカテゴリを見る

●室内でのPM2.5対策は、PM2.5対応の空気清浄機がオススメです。

大気汚染物質PM2.5の大きさは、2.5μmと非常に小さいです。部屋の窓を閉め切っていても、通気口や給気口の設備など様々な隙間から室内に入ってきます。 外から戻って来た際にも、花粉のように髪の毛や衣服などにも付着しています。室内でもマスクを着けているのは大変ですから、やはりPM2.5対応した空気清浄機を使うのが便利です。


シャープ 空気清浄機の商品一覧から選ぶ。

PM2.5対応空気清浄機 シャープ



パナソニック 空気清浄機の商品一覧から選ぶ。

PM2.5対応空気清浄機 パナソニック



東芝 空気清浄機の商品一覧から選ぶ。

PM2.5対応空気清浄機 東芝



日立 空気清浄機の商品一覧から選ぶ。

PM2.5対応空気清浄機 日立



東芝エアコンの商品一覧から選ぶ。 その他PM2.5 エアコンを選ぶ。

PM2.5対応エアコン 東芝



チェックした商品履歴