ゲームを創った人たち VS あひるたん

ROUND05 VS 城田義暢&野宮智士〜ケイドレーダー〜

このコーナーは、私ことあひるたんがメーカーさんからこっそり聞き出したゲーム内容や見所などをおおくりいたします! また、ゲーム制作における失敗談や開発秘話など、ファンにはたまらない内容も聞き出しておりますのですよー★
ケイドレーダー
タイトル ケイドレーダー(ラファーガ・ブラック、ティーダ・レッド、ショア・ブルー、アエンカ・ホワイト)
発売元 ハピネット
発売日 9月下旬
種類 ケイドロ(ドロケイ)遊び専用レーダー機
ジャンル 電子玩具

ケイドレーダー

今回の「ゲームをつくった人たち」

城田義暢(しろたよしのぶ)、野宮智士(のみやさとし)

入社歴6年と1年の若い(?)開発コンビで製作しています(笑)。




●では早速ですが、この商品の内容とおすすめポイントを教えてください。

小学生時代に約8割の人が経験したことのある「ケイドロ(ドロケイ)遊び」(警察役チームと泥棒役チームに分かれて追いかけっこをする鬼ごっこ。)
ケイドレーダーはその遊びをよりエキサイティングにする電子玩具です。本体に内蔵された通信アンテナが見えない敵の電波信号をキャッチして、5段階の赤い警戒ランプとサウンドで相手の接近を知らせてくれます。
索敵範囲はナント最大約30m!!また、プレイ時間の設定もでき、カウントダウンで残り時間を刻みます。1台保有していれば、多人数でのチームプレーも可能なので、気の合う仲間たちと一緒に大チームバトルを。
ケイドロ遊びを最大限に楽しめるケイドロ専用レーダーです。


●今だから話せる失敗談や苦労話等開発秘話をお願いします。

実は構想から2年の歳月がかかっています。
最初は電波の受信距離が短過ぎたり、4台でしか遊べなかったり、さらには本体が大きく重く、とても携帯して走り回ることなどできない代物でした・・・。
そして最大のネックは開発コストがかかり過ぎ、小売価格が1万円前後になってしまうことでした・・・。技術的にも、コスト的にも到底実現はできないと何度もあきらめかけていましたが、それでもしつこく、いろんなツテや手段を講じて何とか製品化のメドを立てるに至ったのです。


●ECカレントの読者にメッセージをお願いします。

見た目はおとなしい商品ですが、実際に遊んでみるとこれほど「心拍数が上がる」ものなのか?!を実感していただけるかと思います。追いかける側も追いかけられる側も常にハラハラドキドキ・・・。ぜひ、未体験の<Pイドロ遊びにトライしてみてください!


『ケイドレーダー』公式HPはこちら ⇒http://www.happinettoys.com/keidradar/index.html

『ケイドレーダー』商品はこちら ⇒ケイドレーダー









チェックした商品履歴