×

こちらのイベントは終了致しました。

次回のイベントをお楽しみに!

高品質の「うもうふとん」をお手頃価格で!生毛工房の“生毛(うもう)ふとん”

生毛(うもう)ふとんとは?
生毛工房の生毛ふとんは、すべてホワイトグース(がちょう)のダウンを使用。一般に「うもうふとん」と呼ばれる物はダウンが50%以上含まれたものを言いますが、生毛工房のダウン混合率は95%!しかも世界的に名高いポーランド産のものだけを使用しています。このような品質へのこだわりを込めて、“混じりけのないもの”、“生まれたままの純粋な姿”を表す「生」の字を借りて生毛工房では『うもう』を『生毛』と表現しています。

ふとん選びのポイント よい「うもうふとん」の条件とは?

同じボリュームなら、中身の軽い方を選びましょう。

同じボリュームなら、中身の軽い方を選びましょう。

品質の良い大きなダウンを使うと少量で豊かなボリュームを得ることができます。つまり、同じボリュームで中身が軽いふとんはそれだけで良いダウンを使っているので空気をたくさん含み軽くて暖かいのです。ダウンのボリュームを比べる目安は「かさ高性」です。かさ高は筒状の定則器の中にダウン30gを入れ、どのくらいの高さになるかで計測します。一般的に、15cm以上のものが高品質です。


水鳥の種類はダック(あひる)よりグース(がちょう)のほうが上質です。

水鳥の種類はダック(あひる)よりグース(がちょう)のほうが上質です。

ダックよりグースの方が体が大きいためそのダウンも大きなものが取れます。大きなダウンは空気をたくさん含み保温力に富んでいるため、うもうふとんには最適です。


ダウンの混合率が高いものを選びましょう。

生毛ふとんの中身はダウンとフェザーで構成されています。そのダウンの混合率が高いほどゴワゴワした感じがなく、保温力も高くなります。一般的には95%の混合率のものが最高級品とされています。
ダウンは胸から腹部にみられるタンポポの綿毛のような形をしたもので言わば鳥の肌着にあたります。一方、フェザーはいわゆる鳥の羽根ですが、鳥の上着と考えればわかりやすいでしょう。

ダウンとフェザーの違い

生毛工房のうもうふとん商品に付いている品質表示タグで、ダウンとフェザーの混合率が明記されています。
※ダウンの混合率に関しては許容範囲が設けられており、生毛工房の生毛ふとんは±2%となっております。

生毛工房のうもうふとん商品に付いている品質表示タグには、ダウンとフェザーの混合率が明記されています。

原産地証明書がついているものを選びましょう。

原産地証明書がついているものを選びましょう。

主にヨーロッパ産のものが高品質で有名です。これは寒冷地の鳥の方が、大きなダウンが取れるためと、ヨーロッパ産の鳥は食肉用でなく、主にうもう採取用に飼育されているためです。また、原産地証明書がきちんとついているものを選ぶことが大切です。


保証書がついている事も大事です。

保証書がついている事も大事です。

安心して使うためには、製品保証書がついているものを選びましょう。万が一うもうが飛び出してきたときや、縫製上の不備などで修理が必要なときはこれが大切です。


おすすめの生毛ふとん

  • 生毛ふとん PR-310
  • 生毛ふとん PR-410 M
  • 生毛ふとん PR-470


生毛ふとんと一般的なうもうふとんの比較

生毛ふとん 一般的なうもうふとん
ダウン ダウン率が90%なので、かるくてあたたかい! ダウン率が80%なので、重くて保温性が低い。
産地 ポーランド産ホワイトグースダウン 中国産ホワイトグースダウン
サイズ 一般的なサイズよりもゆったりサイズで寝返りをうっても安心! ふつうサイズ
側生地 無地だから通気性が良い! プリント生地だから、通気性が良くない。

※画像はイメージです。


うもうふとんQ&A

生毛ふとんを使うのに最適な時期は?

10月から5月位までです。
生毛ふとんは発散性が良いので夏場でも使えますが、暑い場合は肌掛タイプを使うと、より一層さわやかにおやすみになれます。
また、上手な使い方として、合掛タイプと肌掛タイプの2枚合わせを季節に応じて使い分ける方法があります。夏は肌掛、春・秋は合掛、冬は2枚を付属のボタンで合わせると真冬でも対応でき、1年中心地よく使えます。
※本掛と肌掛でも2枚合わせが可能です。寒がりな方にオススメです。
※肌掛は冬に毛布代わりとしてもお使い頂けます。


うもうふとんって、においは?

粗悪な「うもうふとん」やダックダウンは、「うもう」の臭いがします。
また、購入したばかりの「うもうふとん」は、ビニールケースなどの中に入れて保管されていた場合など、まれに臭いがする事がありますが、使用しているうちに消えます。

うもうふとんにふとんカバーはかけた方がいいの?

うもうふとんは日頃のお手入れのクリーニングは必要ありませんが、側生地が汚れてしまうとどうしようもありませんので、カバーはかけたほうが良いです。
→掛け布団のカバーをお探しの方はコチラへ

側生地の打ちこみ本数って?

打ちこみ本数は生地の密度を見分ける目安です。
1インチ(約2.5cm)四方のタテ糸とヨコ糸の合計本数で表します。

側生地の打ちこみ本数による違いは?

打ちこみ本数が多いということは、細い糸を使っているということです。
だから生地の密度が高くなり肌ざわりがソフトになるのです。

高密度な生地とは?

打ちこみ本数が250本以上のものを高密度な生地と言います。
高密度な側生地からは、ダニなどが侵入しません。うすくやわらかく仕上がる為ふとんのドレープ性がいっそうよくなります。

干すときはどうすればいいの?

側生地を傷めないようにカバーをかけて干して下さい。


生毛工房の生毛(うもう)ふとん ラインナップ

  • 生毛ふとん PR-310
  • 生毛ふとん PR-410 M
  • 生毛ふとん PR-470


▲このページの先頭へ

チェックした商品履歴