部屋干しにおすすめ除湿機・衣類乾燥機

部屋干しには除湿機がおすすめ

最近部屋干しをされる家庭が増えています。花粉のシーズンや梅雨の時期もちろん、PM2.5などの大気汚染から、女性の一人暮らしの防犯、マンション・アパートで外に干せないなど、理由はさまざまです。

そんな中、部屋干しの救世主として注目を集めているのが除湿機です!最近の除湿機は、衣類乾燥機能が充実している商品が多く便利になっています。特に、洗濯物の乾燥に効果抜群です!

部屋干しした時、気になるのはあの臭い!
これも除湿機がおすすめです。

  • 生乾きによる嫌なニオイを抑えて、早く乾かす、室内に湿気を残さないで、カビやダニの発生も抑制効果も期待できます。洗濯乾燥機みたいに、洗濯物が縮んだり、シワになりにくく安心ですし、なんといっても除湿機は持ち運び可能ですから場所を選ばず乾かせます!エアコンなんかと比べても効率よく乾かせるから省エネ出来ておトクです。

    日本特有の梅雨の時期にもピッタリ!部屋干しには除湿機、衣類乾燥、除湿乾燥機がおすすめです!

部屋干しのニオイの原因は??

  • ニオイの原因、部屋干しのニオイの犯人は、ズバリ細菌類やカビ類です!

    洗濯物に汚れが残っていると、その残った汚れが酸化、分解して、細菌類やカビ類が増殖してニオイの元になっています。部屋干しでは、乾くまでに時間かかり、細菌や雑菌の繁殖に必要な水分がある湿った状態が続いたり、外で干した時のような紫外線による殺菌効果が期待できない事が要因で、いわゆる「部屋干し臭」と呼ばれるあの不快な臭いが出ると言われています。

つまり、部屋干しをする際に、これらを抑えるには、菌を繁殖させないために、しっかり洗濯して、汚れを落として残さない事と、洗濯が終わったら早く乾かすことが重要です。

部屋干しのポイント
  • ・汚れをしっかり落とす!

  • ・洗濯物を洗濯機につめ込み過ぎない!

  • ・洗ったらすぐに干す!

つめこみ過ぎで、洗濯機の汚れの落ちが悪くなってしまう可能性があるので、汚れを残さない為の予防するのがポイントです。

また、濡れたまま放置をしていると、ニオイの原因の菌が繁殖してしまうのでなるべく早く干すのがポイントです。

部屋干し便利グッズ家電を使う!

除湿機・衣類乾燥機

ご紹介の除湿機、衣類乾燥除湿機などを使って、湿気を無くして効率よく乾かすことで時間を短くするのがポイントです。その他にも、風を当てる扇風機や、エアコンなど、部屋干しにおすすめの家電を使って、早く乾かして、菌の繁殖を抑えるのがポイントです。

部屋干しにおすすめ除湿機一覧へ ≫

除湿機以外の部屋干し家電

・エアコン
  • 部屋干しにおすすめエアコン
  • 部屋干しにおすすめエアコン

    エアコンの除湿機能や、ドライ機能で、室内の湿度を下げて、洗濯物が乾きやすい環境で部屋干しをすれば、効果が期待できる。また、省エネも考えて、扇風機やサーキュレーターと併用するのがおすすめです。

部屋干しにおすすめエアコン一覧へ ≫


・衣類乾燥機
  • 部屋干しにおすすめ衣類乾燥機
  • 部屋干しにおすすめ衣類乾燥機

    衣類乾燥機があれば、部屋干しの必要もなく、乾燥までの時間がとてもスピーディーに乾燥できて、とっても便利です!

部屋干しにおすすめ衣類乾燥機一覧へ ≫


・サーキュレーター・扇風機
  • 部屋干しにおすすめサーキュレーター・扇風機
  • 部屋干しにおすすめサーキュレーター・扇風機

    風を当てる、通す、これだけでも効果は違います!ただ、単純に部屋干しをするなら、扇風機や、サーキュレーターが断然おすすめ。

部屋干しにおすすめサーキュレーター一覧へ ≫

部屋干しにおすすめ扇風機一覧へ ≫

エアコンを使うならサーキュレーターなどと併用し、節電&エコ
  • 冬
  • 暖房の熱は部屋の上部に溜まりやすく、サーキュレーターや扇風機を上部に向けて風を送ることで、空気が循環し熱が足元に届きます。


  • 夏
  • 冷房の冷気は部屋の下部に溜まりやすく、サーキュレーターや扇風機で風を送ることで、空気が循環し冷気が部屋全体に行き届きます。

  • 節電&エコ
  • より効果的な置き場所のご紹介です。

    暖房時も冷房時も、エアコンの対面に置きます。

    そして、暖房時は、サーキュレーターや扇風機を天井に向けて回します。冷房時は、天井に向けるか、少しエアコンのほうに傾けて置く。

    こうすることで、効率よく空気が循環します。

    また、春や秋は外気を取り込んだり、室内の空気を外に出したりといった換気にも使用できます。


関連特集一覧

▲ PAGE TOP

チェックした商品履歴