▲ カートボタンへ
46〜52V型のブラビアにぴったり。カレマガ読者様限定!


【カレマガ限定特価】RHT-G1200 シアタースタンドシステム

ユーザー満足度 (  0件  )
カレント価格
在庫状況

メーカー
型番 RHT-G1200

■AVアンプ+5.1chスピーカーパッケージを内蔵したシアタースタンドシステム
■前方のスピーカーだけで仮想的に5.1chのサラウンド音場を再現する技術「S-Force PRO フロントサラウンド」 を搭載
■「ブラビアリンク」対応

ブラビアリンク機能をご利用いただくには、別途HDMIケーブルが必要です。

 【カレマガ限定特価】RHT-G1200 シアタースタンドシステム


【カレマガ限定特価】RHT-G1200 シアタースタンドシステム を見た人は、こんな商品を買ってます。

【カレマガ限定特価】RHT-G1200 シアタースタンドシステム 詳細

■独自のバーチャル技術が生みだしたリアルな「S-Force PRO フロントサラウンド」 :
「S-Force フロントサラウンド」は、ソニーが長年にわたって積み重ねてきたバーチャルサラウンド技術をもとに、前方のスピーカーだけで仮想的に5.1chのサラウンド音場を再現する技術。
一般に人間は、左右の耳に届く音の音量差、時間差、位相差などから音源の位置を認知します。
その仕組みを利用し、高度なデジタル演算処理によって後方のサラウンドスピーカーの音を再現。
新開発のデジタル音場処理技術が、スピーカーから耳に直接届く音だけでなく、反射音や間接音も緻密にシミュレート。
壁からの反射音を利用しないため、部屋の形状の影響を受けにくく、従来のフロントサラウンドでは物足りなかった広がり感や包みこむような空気感までもリアルに表現します。

また、ラインアップに応じて上位のフロントサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」を用意。スピーカー、アンプを含めたシステム全体をデザインし、さらなるクオリティーを追求しています。


■〈ブラビア〉と連動して(*)、映画にあわせた画質と音質に切り換える「ブラビアリンク」 :
「ブラビアリンク」は、デジタルインターフェースHDMI端子を使った連動操作機能。例えば、シアタースタンドシステムRHT-G1200と対応する〈ブラビア〉をHDMIケーブルで接続すれば、「シアターボタン」を押すだけで、テレビの画質モードや音声入力を切り換え可能。音量調整も〈ブラビア〉のリモコンで操作でき、〈ブラビア〉の電源OFF時には連動してシアタースタンドシステムの電源をOFFにします。臨場感豊かなサラウンドがより手軽な操作で楽しめます。
*対応〈ブラビア〉 : X5050/X5000/W5000/V5000/V3000シリーズ(2007年8月現在)
※〈ブラビア〉J5000シリーズに付属のリモコンの「シアターボタン」でも同様の操作ができます。


仕様

【アンプ部】
総合出力 : 470W
実用最大出力(JEITA) : フロント/70W+70W、センター/70W、サラウンド/70W+70W、サブウーファー/120W
入出力 : HDMI入力/出力/2系統/1系統、デジタル音声入力/出力/光3系統・同軸1系統、アナログ音声入力/出力/2系統
電源 : AC100V、50/60Hz
消費電力(待機時)本体:約110W(HDMI設定ONの時:1.5W以上/HDMI設定OFFの時 : 0.3W)
大きさ(幅×高さ×奥行mm) : 約1,550×400×400(端子接続時403)
質量 : 約63kg

【AVスピーカー部】
使用ユニット(防磁型):フロント/2way、バスレフ型、トゥイーター:25mmバランスドーム型×2、ウーファー : 40×70mmコーン型×2、センター/フルレンジ、バスレフ型、40×70mmコーン型×2、サラウンド/フルレンジ、バスレフ型、40×70mmコーン型×2、サブウーファー/バスレフ型、100mmコーン型×2

【その他の機能】
対応フォーマット : ドルビーデジタル、DTS、ドルビープロロジック、ドルビープロロジックII、MPEG-2 AAC、リニアPCM(2/5.1/7.1ch)
サウンドフィールド : スタンダード、シネマ、ミュージック、スポーツ、ニュース

【カレマガ限定特価】RHT-G1200 シアタースタンドシステム をチェックした人は、こんな商品もチェックしてます。

【カレマガ限定特価】RHT-G1200 シアタースタンドシステム の最新レビュー

レビューを書く

チェックした商品履歴

×

こちらの商品は現在、完売となっている為
購入はできません。